2018年03月19日

アナタにハグを。


先日行われた、ターゲットワンでのイベントを見に行った帰り道、
「率先と戦う女性キャラ」って意外といるものだなーって言うのが本日のお話し。

ちなみに。
おっさんがカラオケに行って言うセリフベスト3じゃないけど、
「最近のはぜんぜん知りません。」ってことで。
逆に若い世代の方に興味を持ってもらえたらそれはそれでウレシイな。

そんなワケで1人目。
映画エイリアンシリーズから、シガニーウィーバー扮する「リプリー」。
1作目では異星人に怯えて、どうにかこうにか生き残ったくらいだったのが、
2作目では、好戦的な兵士達と共に自ら最前線で戦います。
結構いいところまで生き残る、バスケスもいいキャラでしたね。
バスケス役のジェニット・ゴールドスタイン(Jenette Goldstein)さんは、
後年の「リーサルウェポン2」とか「ターミネーター2」、「フェアゲーム」とか出てましたね。

2人目は「ニキータ」でしょうか。
不良少女が身分を消されて国家の暗殺者になる。表の生活で出会った恋人には、
自分の裏家業を言えず、やがて歯車は狂い始め。。。と大映テレビでもできそうな土台なのに、
いまだにファンが多いのはさすがのリュックベッソン。
デザートイーグルが脚光を浴びて、ライフルを組み立ててそのままスナイピングとか、
ステアーAUGがスナイパーライフルとして扱われるのもこの作品がきっかけかと。

設定には無理があるように感じますけど、
ニキータ役のアンヌ・パリローの手さばきは相当なもんです。
例えば、デザートイーグルのスライドの引き方。AUGの組み立てや、
マガジンを装填する前の「トントン」ってのは「教えられた動き」ではなく、
身についている仕草じゃん?って思えるほど自然な動きでした。

ちなみに、アンヌ・パリロー、映画公開時で既に実年齢40代。
10代のジャンキー役がそれなりに見えてしまうのは七不思議かも知れない。。。


3人目は「ブルースチール」のジェイミー・リー・カーティスでしょうか。
NYPDの制服警官が主役という、当時の「マッチョな無敵ヒロー」
「特殊能力を持ったキャラ」に比べると、それはそれは地味な印象でした。
良くも悪くもキャスリン・ビグローの監督作品なので、色々と突っ込みどころも多いですね。
たしか、この作品前後で、ジェームズキャメロンとキャスリン・ビグローはご夫婦だったですよね。
その後離婚して、今度はジェイミー・リー・カーティスと結婚するという。。。なんかスゲェ。

4人目は「ターミネーターシリーズ」のサラ・コナーですね。
1作目では、お小遣いのやりくりもできない、ケガを手当てしようとすれば吐きそうになる、
どこにでもいそうな女子大生(?)だったのが、
2作目ではそりゃもう大変なくらいのベテランさんになっていましたね。
病室から脱走した後のスキップは見ものです。

まだまだいそうだから続く!かも。

ほな。  

Posted by 青山の巨人  at 07:21Comments(0)映画駄文