2018年05月05日

CYMA M870をバラしてみたよ。

ココ最近のインドアゲーム用のお気に入りは「CYMA M870」デス。
スポーツモデルなので軽量だし、20メートル程度でもマンターゲット外さないし、
何よりマルイとシェルが共通。(ココ大事。)




あちこち持ち出して一年くらい経ったのと、しばらくゲームに行かないのでバラしてみました。



分解はほぼマルイM3と一緒だけど、フレーム周りがオリジナルの構造です。
シェルカバー開閉のギミックがあるので、バネやカバーを歪ませないように、と。



ウワサの咬み込み防止(?)シリンダー。



パッキンはマルイよりもちょいと固め。
ちなみに、チャンバー自体をインナーフレームに挟み込んでいるので、
インナーフレームを開かないとチャンバーが取り出せません。
マルイとはここの作りが違いますね。

ざーーーーっくりと構造を確認したら、
塗りすぎっぽいグリスをフキフキして、
パッキンをマルイ純正に交換して元通り。

次の出番まで待っといてな~







同じカテゴリー(カスタム)の記事画像
そこが折れるのか!
内部パーツを比べてみよう。
RoadToMatch~サイトをどうする~
AGM M-1カービン用のマウントを作ってみる。
月刊?アサルトライフル
マルイ グロック26を再調整!
同じカテゴリー(カスタム)の記事
 そこが折れるのか! (2018-01-22 23:37)
 急がば回れ。道具に救われてみようよ。 (2017-10-01 10:17)
 内部パーツを比べてみよう。 (2017-09-30 19:45)
 RoadToMatch~サイトをどうする~ (2016-09-02 01:05)
 AGM M-1カービン用のマウントを作ってみる。 (2016-02-13 22:55)
 月刊?アサルトライフル (2016-02-08 22:57)

Posted by 青山の巨人  at 00:31 │Comments(0)カスタムゲーム

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。